反対咬合で噛み合わせが悪く思いきり笑えないだけでなく顎関節症になり抵抗力が弱くなった30代男性が歯列矯正をして完全復活した治療記録 13 GVBDO
歯列矯正 反対咬合 噛わせ
悪い 笑えない 顎関節症 抵抗力が弱く
歯列矯正,反対咬合,噛み合わせ,悪い,笑えない,顎関節症,抵抗力が弱く,GVBDO, G.V. BLACK DENTAL OFFICE

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top > カズイスチカ > みゅーぱ > Episode 13
生まれつきは並びが悪く顎関節症になった

みゅーぱの全治療を5分で理解するYoutube↓

August 15, 2012

みゅーぱ

初診から8年35日経過

みゅーぱはProphyでした。

順調です。

みゅーぱは

G.V. BLACK DENTAL OFFICEに

たどり着いた人の中でも

最も歯列矯正が

必要なひとりでした。

しかし、

そのような症例に限って

日本の歯医者さんたちは

難しすぎてできない!

と言うばかりでした。

そんなみゅーぱですが

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは

439日(1年74日)の

期間を費やした

アメリカ歯科標準治療の

歯列矯正で

無事復活し、

その後も順調な

日々を送っています。

ブリーフです↓。

受け口を治す方法,矯正,しゃくれ,反対咬合,画像,大阪,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE,

07/12/04 初診時の様子↑

受口,歯列矯正,終了,前歯,クロスバイト,期間,画像,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

11/17/05 Bracket Off↑

08/15/12 本日の様子↑
初診から2957日(8年35日)経過
歯列矯正終了から2473日(6年282日)経過

エビデンスに基づいた、と

医療の分野で言うとき

必ず証明出来る治療記録が

なければなりません。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

アメリカ歯科標準治療の

歯列矯正は

ボロボロの歯の人でも

必ず復活できる!

と言うとき、

それを証明する

治療記録があるわけです。

みゅーぱの症例も

そんな治療記録です。

さて、

上記の歯列矯正終了後

の2枚の写真を

見比べてわかるのは

歯列矯正終了直後よりも

本日の方が噛み合わせが

明らかに向上している

ということです。

それはつまり、

みゅーぱは

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

指示されたことを

確実に守っていた

ということですから

みゅーぱのようになりたい人は

DPを必ず装着して

NGも必ずやるように

しましょう。

みゅーぱとは治療後に

バスケットの話や

オリンピックの話をして

それなりに盛り上がりました。

みゅーぱのお気に入り

のホイッスルは

災害時に使えそうなので

早速、手配しました。

*アメリカ歯科標準治療*

参考1:アメリカ歯科標準治療とは?

参考2:アメリカ歯科標準治療の実際

参考3:最新のアメリカ歯科標準治療

重度の歯周病,歯列矯正,総入れ歯,名医,インプラント,しない,代替治療,画像,症例,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

PROPHY 投稿者:みゅーぱ

投稿日:2012年 8月17日(金)

00時07分2秒

一昨日は半年振りのプロフィーでした。

大阪から車で伺いましたが、

行きは4時間で行けましたが、

帰りはUターンラッシュで

8時間かかりました。

ヘロヘロです。

プロフィーでは丁寧に

歯茎まで見ていただき

ありがとうございました。

さらにNGまで

頂きありがとうございます。

今まではDPをしていたので

これからはNGをします。

山崎先生、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。

Stop

実際の臨床写真で見るGVBDOの治療

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.