根管石灰化 根管治療 神経
石灰化 神経を抜いた歯が痛い 歯 痛み
根管石灰化, 根管治療, 神経,石灰化, 神経を抜いた歯,痛い, 歯, 痛み,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top > カズイスチカ > カーリー大阪 > Episode 10
顎切り手術が必要と専門医に診断された

カーリーが手術なしで復活した歯列矯正Youtube↓

June 05, 2013

カーリー大阪

40代美容師

復活の再矯正

#30 RCT Fill

カーリー大阪は

#30 RCT Fillでした。

修復治療ですから

ラバーダムは必須になります。

歯科,ラバーダム,画像,根管治療,虫歯治療,ラバーダム,手順,保険,ラバーダムクランプ,防湿,種類,専門医,東京,大阪,名古屋,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

通常 Fillというのは

奥歯の場合

3回目に行うことに

なっているのですが

カーリー大阪の#30は

ヒ素系の薬品で

神経を殺す

調薬治療という

日本独特の方法で

行われたため

根尖が石灰化して

病巣までの通り道を

塞いだために

到達することは

不可能と判断し

Fillとなったのでした。

しかも通常は3本

の根なのですが

4本もありました。

病巣への攻撃なしなら

やる意味ないじゃん!

とノブ鳩ヶ谷あたりが

言いそうですが

実は歯の内部の虫歯は

根尖近くにまで拡大していたので

その虫歯を除去しなければ

いずれ歯は腐って

ダメになるところでした。

神経の治療をした銀歯が

治療後何年か経って

突然、銀歯が

ぽろっと取れたので

銀歯の中を見たら

腐った歯が詰まっていて

口の中には腐った歯が

無惨にも折れて根の一部が

歯茎から顔を出していた

というのは日本の至る所で

見受けられる光景です。

最後にPAを撮影して観察します。

根管石灰化,再石灰化,根管治療石灰化,神経を抜いた歯が痛い,神経,歯,痛み,変色,抜く,治し方,治療方法,顎関節症,慢性化,不定愁訴,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

これなら大丈夫!

という感じのPAです。

今回のRCTの目的の一つは

虫歯を完全に除去する

ということでしたから

根尖病巣にはたどり

つけなかったものの

歯は虫歯フリーになったので

後は免疫力を高めて

その力で病巣を無力化する

ことをしていれば

カーリー大阪の#30は

一生問題ないと

山崎先生は考えています。

根管石灰化,再石灰化,根管治療石灰化,神経を抜いた歯が痛い,神経,歯,痛み,変色,抜く,治し方,治療方法,顎関節症,慢性化,不定愁訴,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

#30RCT治療2日目 投稿者:カ−リ−

投稿日:2013年 6月 5日(水)

22時53分16秒

山崎先生、事務長様、

本日もお世話になり

ありがとうございました。

今日は2回目の

#30RCT治療でした。

神経が通常は3本

なのですが4本目があり、

以前された治療では

スルーされて

そのまま放置でした。

先生に発見して

頂けたのですが

全て根幹が石灰化していて

その先の病巣まで

2mm以上離れていた為

そこでガタパ−チャを

つめて頂きました。

治療後に先生から

ここまで石灰化していたら

根尖病巣は気にする必要はなく

4本目もしっかり処置して

滅菌状態で

ガタパ−チャをつめれば

大丈夫だと詳しく

説明して頂き安心致しました。

そして今日は無事に

治療を終える事が出来て

先生に言われたとうり

本当にボ−ナスを

頂けた気分になりました。

ありがとうございました。

RCTは細かい作業の

連続で大変な治療なのに

本当にいつも丁寧に

治療して頂き感謝しております。

ありがとうございます。

免疫力を低下させない

ように言われた事を

しっかり守り

体調管理していきます。

山崎先生本日の治療も本当に

どうもありがとうございました。

そして明日もどうか

よろしくお願いいたします。

事務長様、本日も

またお世話になりました。

いつも本当にありがとうございます。

明日もお世話になりますが

どうかよろしくお願いいたします。

今日はゲリラ豪雨で大変でしたが

山崎先生、事務長様、

風邪などひかれませんように

どうか気をつけて下さい。

今日もありがとうございました。

実際の臨床写真で見るGVBDOの治療

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.