歯科用顕微鏡 マイクロスコープ Microscope を使っても不器用が器用にはならない GVBDO
歯科用顕微鏡 マイクロスコープ
メリット 価格 歯科技工用 一般開業医 意義
歯科用顕微鏡,マイクロスコープ,メリット,価格,歯科技工用,一般,開業医,意義,GVBDO, G.V. BLACK DENTAL OFFICE

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 > 歯科用マイクロスコープ

歯科用顕微鏡,マイクロスコープ,メリット,価格,歯科技工用,一般,開業医,意義,GVBDO, G.V. BLACK DENTAL OFFICE

近所でも評判の

不器用な歯医者さんが

歯科用顕微鏡を

1千万円で導入したので

これからは精密な治療ができると

ローカル局のテレビの取材に

答えていましたが

器用不器用は顕微鏡さえあれば

克服できるのでしょうか?

井沢秀子

歯科用顕微鏡,マイクロスコープ,メリット,価格,歯科技工用,一般,開業医,意義,GVBDO, G.V. BLACK DENTAL OFFICE

歯科顕微鏡は多くの夢を抱えて

歯医者さんの期待を一新に

背負っている分野です。

山崎先生も期待をかけた一人で

1995年ころからたびたび

使用してみましたが

2013年の現在ですら

期待と実際の乖離が激しすぎて

結局、使わなくなっています。

山崎先生が日常の写真を撮る

カメラを製造している

ライカが簡単に移動できる

ヘルメットのような

モデルを出しましたが

長時間首を動かしながら

治療を行う山崎先生には

重すぎて使えませんでした。

外科手術には良さそうですが

歯科では無理が多いのです。

ということで

結論は以下の通りです。

1)歯科用顕微鏡を使っても

不器用な歯医者は不器用なままである。

常識的に考えてもそうなのですが

セールストークでは

だれでも彼でもうまくなれる!

という雰囲気なので注意です。

2)歯科用顕微鏡は使われる場面が

超限定的で一般歯科には不向きである

(根幹治療時の確認の場合のみ

で使うのがほとんど)

3)コストが400万から

2000万であり

歯科治療における役割を考えると

一般開業医レベルでの購入は高すぎる

4)現在の機能であれば

20万程度の

拡大鏡やルーペで十分代用できる

(根幹治療時の確認でも時間をかけ

チェックの仕方を知っていれば問題なし)

5)しかし、

歯内療法(特に手術)時には

あると専門医は気分的に楽である

(臨床経験の乏しい専門医でも

破折などを簡単に見つけられるため)

6)患者説明用に治療過程を

画像を記録するには便利である

(医療過誤裁判では必要になる)

ということになり

山崎先生的には

難度の高い根幹治療を行う

専門医は持つべきである

というアメリカの基準には賛成です。

ただし、

一般開業医で普通の歯科治療を

しているだけの人であれば

ないとしても代替品としての

拡大鏡などの器具を使い

診断能力、

治療経験を日々向上させる

努力を怠わなければ

問題はないでしょう。

最後に、一般の方が覚えて

おかなければならないのは

歯科顕微鏡がある歯科医院=

レベルの高い治療をする

歯科医院とは限らない

ということです。

また

歯科顕微鏡を使う歯医者さん=

器用でなんでも

正確にできる歯医者さん

とは限らない

ということです。

要するに

歯科用顕微鏡が

あるかないかでは

歯科医院の力量は

決まらないので

ホームページを見て

行く歯医者さんを

決めている人は

あまり重要視しないほうが

良いでしょう。

それよりも

歯科医院の

臨床記録をよく見て

その内容で判断する

ということが重要であり

内容を判断するには

それなりのデンタルIQが

必要ですから

山崎先生の

ホームページをよく見て

日々研究する

ようにしましょう。

臨床記録が

何もない歯科医院が

問題外なのは

言うだけ野暮でしょう。

05/30/09

03/12/18 updated

Norman Yamazaki, DDS.

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.