アマルガム 健康被害 中毒
アレルギー アトピー除去

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 >今後の歯科の問題 -アマルガム

今後の歯科の問題 -アマルガム

スウェーデンの国会で

アマルガムの使用の禁止と、

これまで既に

充填されたアマルガムをも

除去することが決議され、

スウェーデン歯科医師会も

これに同意したことにより、

今後アマルガムが歯科における

世界的な問題に

なろうとしている。

FDI(国際歯科連盟)

においても理事会で

取りあげられ、

議論されている

ところである。

そのような状況のなかで、

このたびアメリカで

アマルガムに

特に大きな問題はないとの

見解が政府機関より

提出された。

アメリカ公衆衛生局

による調査の結果

これまでの

文献的調査によれば、

アマルガムの使用を

禁止したり、

あるいは

他の代用品を特に

推奨しなければ

ならない理由は

見当たらない

とのことである。

アレルギーの専門家

マンソン博士によれば、

アマルガム充填物から、

体内に取り込まれるほどの

水銀が放出される

ことはほとんどなく、

またアマルガムから

出る水銀に対する

アレルギー反応や

免疫システムヘの

障害などもない

と言っている。

1906年以来の

文献を調べたところ、

50件の水銀に対する

アレルギー反応の

ケースが報告されている。

しかし

アマルガムによる

というのは

皆無であった。

これらの調査結果を

まとめると、

以下のようである。

1)歯科用アマルガムは歯科の

一般的疾患である

齲蝕の治療材として

有効な修復材

である。

アマルガムは他の

修復材と比較して、

優れた材質、耐久性、

経済性とを有している。

2)既に充填されている

材料を除去

しなければならない

というのであれば、

論理的証拠が必要である。

3)特殊な職業を除く

普通人で、

水銀が健康上の

問題となることは、

文献的に確認できなかった。

4)アマルガム充填物から

放出される程度の

水銀の濃度では、

アマルガムによって

さまざまな非特異的な

兆候があったり、

そのような兆候が

アマルガムを

除去することで

改善されたということを

立証することはできない。

5)アマルガム充填物から

極く微量の水銀が

放出されることは

確かであるが、

これが

一般人の健康問題に

なることはない

6)過去に報告された身体への

中毒作用のなかで、

アマルガムの水銀が原因

となったという

報告はみられない。

7)アマルガムに対する

局所的アレルギーは

極めてまれであるし、

あったとしても

他の材料へ

置き換えることで

解消させることができる。

(ADA News. 1994年9月1日号)

注)ADA: American Dental Association

アメリカ歯科協会

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.