アマルガム 安全性 証明 神経
コロンビア大学 精神能力

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 >高銅アマルガム合金

コロンビア大学の研究が

アマルガムの安全性を証明

科学雑誌

『Environmental

Health Perspective』に

掲載された新しい研究は,

歯科用アマルガムが

認識および精巧な

運動機能などの

神経精神能力に

影響を与えることはない

と結論している。

この雑誌は査読制度をもち,

国立衛生研究所から

出版されている。

「健康な就労成人からの

試料では,

歯のアマルガム充填から

溶出した水銀暴露は

認識および精巧な

運動機能の

いかなる検出可能な

欠落とも関係しない

とコロンビア大学

公衆衛生学部の

研究者が書いている。

「暴露の測定値は

神経精神能力試験の

スコアとはまったく

関係がなかった」。

研究者は10歯以上

アマルガム充填を有する

550人の成人を

無作為的に解析した。

被験者は一連の

神経精神能力

試験質問表による

調査,口腔内診査を受け,

血液と尿の採取も行った。

尿中の水銀の濃度は

極めて低く,

アマルガム充填歯

の数と関係なく,

被験者間に差異を

みとめることはできなかった

この研究チームのリーダーである

Pam Factor-Litvak 先生は

「アマルガムからの

水銀の暴露が

極めて低い値で

あったことは

大変重要である」

という。

「アマルガム充填が

30〜40もある被験者でも,

尿中の水銀の平均濃度は

1g のクレアチニンに

対して3μg 以下であり,

極めて低い」。

さらに,

言語記憶および

非言語記憶についての

被験者の能力,

注意力,精神運動スピード,

精巧な運動協調は

尿中の水銀濃度とは

関係がなかった。

「30歳から49歳の

健康な就労成人では,

歯科用アマルガムからの

水銀と

精神神経学的な

機能領域との間に

有害な関連はなかった」

ということであると,

Factor-Litvak 先生は述べている。

「意義深いことは,

健康なひとに

歯科用アマルガムによる

精神神経学的に

有害な影響が

見られなかったことである。

水銀が非常に微量

にしか溶出しない

アマルガムは害がない」

と彼女は追加している。

「結論は,

歯科用アマルガム

充填のみでは

標準化された一連の

試験についての

運動能力に影響を

与えなかったことである」

『EnvironmentalHealth

Perspective 』の

編集長である

Jim Burkhart 先生は話している。

(ADA News, Vol.33,

No22,December 2002)

注)ADA: American Dental

Association アメリカ歯科協会

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.