アマルガム 歯質着色 歯質
汚染 歯質黒染 歯質変色 イオン化傾向 亜鉛

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 >歯科アマルガムによる歯質着色

【アマルガムによる歯質着色】

あまるがむによるししつちゃくしょく

discoloration by ama1gam filling

《同: アマルガムによる歯質汚染・

歯質黒染・歯質変色 

discoloration by amalgam filling》

アマルガム構成成分は歯質に浸透し,

歯質構成成分と結合して沈着し,

着色物となる.

象牙質では歯細管が浸透経路となり,

すべてのアマルガム構成元素

(亜鉛,スズ,水銀,銅,銀)

がみとめられるが,

そのほとんどがイオン化傾向が

大きい亜鉛とスズである.

そしてこれらはほかの元素よりも

深く浸透し,亜鉛は深部で

高濃度を示すことがある.

歯質変色は黒褐色一黒色で,

軟化象牙質があると

発現頻度が高いようである.

エナメル質も同じ

傾向であるが浅く低い.

(加藤喜郎・歯科医学大事典p75)

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.