アマルガム 遅発膨張 delayed excessive expansion of amalgam

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 >歯科アマルガムの遅発膨張

【アマルガムの遅発膨張】

あまるがむのちはつぼうちょう

delayed excessive

expansion of amalgam

《同:アマルガムの遅延膨張 

delayed excessive

expansion of amalgam》

アマルガム修復物に練和後2,3日

あるいは1週間以上経過してから

生ずることのある比較的大きな膨張.

膨張量は,400μm/cmにも

達することがあるとされており,

その膨張は数か月に

わたることもある。

〔原因〕アマルガムは

その練和当初から

寸法変化のある材料で,

その膨張は水銀と金属が

混汞されることによって,

形成される新しい

合金結晶の成長に

伴って生ずるが,

遅発膨張は

それとまったく異なった

機序による膨張である.

すなわち,

填塞時にアマルガム泥内に

水分が混入すると

合金組成に

含まれている亜鉛と

化学反応を起こし,

ガスを発生することがあり,

この修復物内部に

生じたガスによって

もたらされる膨張である.

これは,ときに修復物の破壊,

歯痛,歯質の破壊などの

原因ともなりうる.

〔予防〕アマルガムの取扱いに留意し,

その填塞にさいしては

ラバーダム防湿を励行する.

無亜鉛合金の使用は

その防止に効果的である.

(小野瀬英雄・歯科医学大事典p75) 

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.