アマルガム アトピー 危険性
歯科 除去 水銀 症状 成分 画像 写真 費用
アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科治療の真実 >Amalgamの真実

アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

歯に詰めるアマルガムは50%以上の水銀が

含まれており、人体に悪影響を与える、

という説を唱える歯医者さんやお医者さんや

プロ市民さんがいます。

友達も近所の歯医者で同じようなことを言われ、

レジンとセラミックに代えたそうです。

アマルガムは安全なのでしょうか?

エミリー日向(ひゅうが)

アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

確かに今、

「口の中にあるアマルガムには

50%の水銀が含まれている!」

と叫んでいる人たちがいますが、それは

全くのウソ

で、アメリカの教科書で、歯科材料学を

学んだ人であれば、

硬化したアマルガムには

水銀は3%以下

しか含まれておらず、

しかもそれらは

体に有害なメチル水銀(有機水銀)ではなく

体に無害な無機水銀

であるから

アマルガムは人体に無害

である!と習ったハズです。

またJIS規格(日本工業規格)でも

アマルガムの組成では、

水銀は3%以下

と定められています。

ちなみに、銀65%以上、スズ25%以上、

銅6%以下、亜鉛2%以下、水銀3%以下

がアマルガムを形成している全てです。

常識で考えても、

50%も液体が混ざっている物質

というのは、ドロドロしていて、

歯の中には詰められないでしょう。

ということで、

好い加減な情報は相手にせず、

本題に進みます。

アマルガムが人体に安全かどうか?

英語が読める人はこちらをご覧下さい。

私が歯科医療を習ったアメリカで

まじめに臨床に取り組んでいる

歯科医師の間では、

アマルガムは

人体に安全な歯科材料であり、

虫歯治療には必要不可欠な材料

であるという認識になっています。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、

アマルガムは安全か

どうかと言う質問への

回答としては、

それ以上言うことはありません。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEは

現在の日本において

歯ではもう一生悩まない!

ということを約束をする、

アメリカ歯科標準治療「ほんとうの治療」を

唯一、実践している歯科医療施設ですが、

1度治したら2度と虫歯にならない

治療するためには最も必要な歯科材料

であると考え、日々の臨床でも

下の臨床例のように

必要な場合は使用しています↓。

アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

アマルガムの症例: Nikki 上の歯

アメリカにおいて、

歯科用アマルガムは

150年間も使われている、

虫歯治療においては

最も信頼されている歯科材料

なのです。

英語が読めない人のために要点を説明すると:

1) 歯科用アマルガムは150年以上も使われ、

1億人以上のアメリカ人の歯の修復に

使用されてきた。

2) 歯科用アマルガムは安全で、丈夫であり、

手ごろな価格で手に入るよい歯科材料である。

3)歯科用アマルガムは高い安全性を誇り、

広く見直されている。

4)U.S.Pablic Health Service(アメリカで

最も信頼されている

健康に関する事項を扱う役所)

よると、

歯科用アマルガムアレルギーの患者は

非常にまれであり、

ほとんどの人は

歯科用アマルガムを

歯科治療に使われても、

何の害もないと1993年に報告されている。

5)これらは、歯科用アマルガムが安全で

効果的な修復材料であるという

他の機関による結論を支持するものである。

6)さらに1991年には、

「信頼できる実績があり、

歯科用アマルガムは最もよい虫歯治療に

使われる材料のひとつである。」

とConsumer Report

(アメリカで最も人気のある

消費者への報告書)は記している。

7)現在の地球で生きる人々は

歯科用アマルガム充填物から生じる

わずかな水銀の量よりも、

食物や空気から生じる水銀の量の方が

多いという事実を知らなければならない。

(Norman Yamazaki, DDS.:

最近、日本の環境保護主義者や

アマルガムよりも儲けが多い治療を

したがる日本の歯医者さんの

風説の流布により、

アマルガムに含まれる

水銀アレルギーの人々が世界の中でも

日本がダントツに増加している!

と信じている人々がいますが、

そんな人たちの中で

「寿司のマグロは大好き!」と

平気で言う人には呆れます。

マグロは厚生労働省が

水銀の摂取に注意勧告を出すほど、

高濃度の水銀を含んだ食品であり、

それを食べた時の摂取量はアマルガムに

含まれる水銀の

何十倍にも及ぶことすらあるのです。)

アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

アマルガムの症例: Nikki 下の歯

8)歯科用アマルガムの

修復物から出るとされる水銀は、

非常にわずかな数のアレルギー反応を

起こす人々を除き健康を損なう危険性はない。

9)150年の歯科用アマルガムが使用された

歴史の中で、アレルギー反応はわずかに

100例程度しか記録にはない。

10)1991年には、FDA

(日本の厚生労働省のような役所、

Food & Drug Administration

アメリカ食品医薬局)の歯科製品委員会は

歯科用アマルガム充填を

除去する必要はない

と結論づけた。

11)1993年U.S.Public Health serviceは

「歯科用アマルガムを避けたり、

除去したりする事が健康のためになると

信じられるような説得力のある根拠はない。」

としている。

12)歯科用アマルガムをされていても

健康で問題のない歯は多いが、

そのような歯の歯科用アマルガムを除去し、

レジンなどの強度が弱い材料に代えた場合、

構造的な損害を与えかねないので、

不必要に歯科用アマルガムを除去する事は

すすめられない。

13)歯科用アマルガムを除去して

他の材料に代えると、

様々な硬化症からの回復に結ぶつくとか、

歯科用アマルガムの使用が関節炎や、

アルツハイマー病を引き起こすという主張は

科学的根拠がない。

14)混合樹脂(レジン)のような充填物が、

現在よく使われるようになってきているが、

とりわけ大きな充填の場合、

強度を考えると、

歯科用アマルガムほどの

効果があるとはいえない。

15)ADAは「口腔の健康を維持し続ける力」を

歯科用アマルガムは持っているという

U.S.Public Health Serviceの結論に同意している。

16)ADAが約1700人の

歯科医師を対象に

調査した尿検査の結果では、

歯科用アマルガムを患者の

治療として行うときに

発生する水銀の蒸発による体内への吸飲は、

使用器具や方法に注意さえすれば

防げることがわかった。

アマルガム,アトピー,危険性,amalgam,歯科,除去,水銀,症状, 成分,画像,写真,費用,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICEG.V. BLACK DENTAL OFFICE,GVBDO

アマルガムの症例: Nikki  正面からの様子

以上のことから

歯科用アマルガムは

体にとって安全な歯科材料であり、

歯科治療には必要不可欠なもの

であることがわかります。

つまり、現在アマルガムに

関する根も歯もない

ネガティブな主張している人々というのは、

(1)自分が儲かれば何でもやる

自称環境保護団体の方々

(2)日本から虫歯がなくなると困ってしまう

日本のハイシャさんさんたち

(3)ホケンの点数は高いし、

歯は確実に悪くなる

お気楽レジンを何が何でもやりたがる

日本のハイシャさんさんたち

ということになります。

従って、自分の歯が大切だと思う人は

自分の歯は自分で守る!

という決意を持って、

歯科治療の知識は、

この G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Web Siteのような

信頼できる確かなソースから

得るようにしましょう。

10/09/06

 Norman Yamazaki, DDS.

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.